福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

福岡で小さな間借りカレー店を始める【直行直帰ができるまで④】

直行直帰ができるまで

どーも!直行直帰の店主です!

直行直帰という小さな間借りカレー店が出来るまで、自己紹介シリーズの第四段です。

前回の記事はこちらから

南インド料理にハマる。そしてパロッタ【直行直帰ができるまで③】
どーも!直行直帰の店主です!仲間内でインド料理を振る舞ったものの、「辛すぎるッッ🌶」と不評に終わり...

お店の探し方

間借りカレー店をやってみたいと思ったものの、当然ながら協力していただける場所やお店がなければ始まりません。


当初は間借りに比べれば敷居の低い地域のお祭やイベントへの出店も考えていましたが、2020年春頃からの新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発出により、イベントは軒並み中止。



2020年の目標が「間借りカレーをやる!」だったので、今年中の目標達成はかなり厳しいかとも思われましたが、複数のレンタルスペース検索サイトで根気よく場所探しを続けていまいた。

レンタルスペース検索サイトには、数多くの飲食店が登録されていましたが、どれも私の条件にはひっかかりません。

一番の条件はやはり料金です。
レンタルスペースのサイトを見てみると分かりますが、飲食店営業許可済の店を使わせてもらう場合、一時間あたり4,000円〜5,000円が普通です。

見込み客と私が提供できる皿の数を考えたとき、そんな料金を払っていると間違いなく大赤字です。


人手を集めて、一時間に10人ぐらいの集客が見込めるならまだやれる可能性はありますが、そもそもSNSでちょこちょこ発信する程度の筆者が、間借りカレー店をやります!と高らかに宣言したところで、大きな集客なんて見込めませんからね。

この辺のどうやって間借りカレー店を始めるか、ということに関しては別記事を投稿したいと思います。



しかし!根気よく探しているとなんと見つかったんです。

料金も超良心的で、
場所も良くて、
店の広さも申し分ない。

ここしかない!と思いました。

視察も兼ねて、実際に行ってみることにしました。

実際に店舗を見てみる

見つけたのは居酒屋で、店主と直接話をさせてもらいたかったので、なるべく迷惑をかけない営業開始直後の18時に訪問。

とりあえず着席し、ビールとつまみを頼んで、一旦普通の客を装います笑

あまり長居すると他のお客さんが来て、間借りの話なんか出来ないと思ったので、
ビールを出してもらったタイミングで、意を決して話しかけました。

筆者
筆者

レンタルスペースのサイトでこちらを拝見しました!
この場所で間借りカレー店をさせてもらうことは可能でしょうか?

店主
店主

あー、はいはい!
レンタルスペースですね!
間借りカレー店…?

筆者
筆者

間借りカレー店とは、かくかくしかじかで…
こちらで1時間〇〇〇円で貸していただけるとのことで伺いました!

店主
店主

その料金はイベント貸し用の値段で、
飲食店営業の値段としては考えてなかったんですよね〜

出典:ジョジョの奇妙な冒険 第5部より

終わった・・・思いましたね。
やっとの思いで見つけた出店候補だったのに…。
(実はここに来る前にもいくつか候補にしていた場所がありましたが、いずれも話がまとまらずでした。)

店主
店主

ちなみに、どんなカレーを作ってるんですか?

ほとんど諦め気味で、もう帰ろうかと思っていましたが、話の流れから自分が作るカレーの話になりました。

自作のカレーをアップしているインスタグラムを見せて、
趣味でカレーやインド料理を2年以上続けていること、
普段の職業はフツーのサラリーマンであること、
間借りカレー店自体が福岡でも盛り上がっていること…。

店主
店主

なんか面白そうですね!
うちの常連さんもそういうイベント好きそうだし、
一度やってみますか!

店主
店主

料金もイベント用の1時間〇〇〇円で良いですよ!

出典:ジョジョの奇妙な冒険 第5部より

ほとんど諦めていましたが、店主さんのご厚意もあって、やらせてもらえる方向でこの日の話は終わりました。
連絡先を交換し、出店日などの細かい諸条件はメッセージでやり取りをすることに。

出店日が決定

それから数日経って、電気代や使わせてもらう設備などについてメッセージでやり取りを重ねました。
そして出店日も決定しました。



2020年12月20日㈰ 12:00〜



このとき出店日まであと40日あまり。
初めての激マズスパイスカレーから約2年半。
ついにここまで漕ぎ着けました。

急いで準備にとりかからねば…。

長くなってきたので続きはまた今度で…。

ではまたっ!

この記事を書いた人
直行直帰の店主

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
直行直帰ができるまで
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました