福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

エソラカレー料理教室@糸結 〜美味しいカレーを作るのはカンタンだ〜

どーも直行直帰の店主です。

私のプロフィールです。
適宜ご参照ください。

突然だがこの方を覚えているだろうか。

松下俊樹さん。通称マツトシさん。
アラフィフにして脱サラし、カレー店開業を目指す漢。

以前当ブログでも間借り営業の様子を記事にしたことがある。


そんなマツトシさんが近所で料理教室を開催するとのこと。
お手伝い&偵察を兼ねて行ってきた。

エソラカレー料理教室@糸結

会場はゲストハウス糸結

会場は糸島市のゲストハウス糸結。
築築100年以上の古民家をDIYでリノベーションしたゲストハウスなのだ。

周辺にはもはや糸島の観光地化している直売所の伊都菜彩がある。(徒歩5分くらい)

ミッションは副菜作り

今回は一つだけ事前にカレーに添える副菜を作ることを依頼されていた。
少し早めに会場入りし、ササーっと調理。

ひよこ豆のスンダル。

後日別記事にてレシピをアップする予定。
とても簡単なので是非試してみてほしい。

料理教室スタート

インドカレーの種類や、日本のスパイスカレーについて一通り説明された後、
料理教室の肝であるカレーの作り方についての講義に入る。

この日は年齢も性別もバラバラな6名が参加。
ある程度カレー作りの経験がある方、
完全に初めての方までさまざま。

会場入りするとまず20頁ほどのレジュメが手渡されるのだが、
そのボリュームと字の多さまず圧倒される。

火加減や油の分離具合まで細かく記載されており、
マツトシさんのカレー作りへの拘りが滲み出て興味深い。

3種類のカレーを作る

レジュメを元に講義をするマツトシさん

この日はヨーグルトやナッツを使った北インド的なカレー、
ココナッツミルクを使ったケララ的な南インドカレーに加え、
エソラカレーの定番のスパイシーなカレーの3種類を同時に作るという試み。

それぞれに作り方の違いがあり、
完成形をイメージした調理工程になっていた。


6名を3班に分け、それぞれカレーを作っていく。

随所にマツトシさんのエッセンスが散りばめられているものの、
①油を熱し、ホールスパイスを炒め、
②たまねぎと香味野菜を炒め、
③トマトの水分が飛ぶまできっちり炒め、
④肉などの具材を入れて水を加え煮込む

という水野式とも言えるスパイスカレーのメソッドはキッチリ踏襲。

スパイスカレー作りの敷居を下げたという意味で水野仁輔氏の功績は大きい。
料理教室の中でも何度も名前が出た。


普段人がカレーを作っているところを見ることもないので、
自分との調理スタイルの違いに少し驚きつつ、皆さんのお手伝いにまわった。

大きなトラブルもなく無事に完成。
キッチンには濃厚な香りが漂い、実食への期待感が膨らむ。

いただきます🍴

副菜も添えて皆でイタダキマス!


3種類のカレーの味の違いがハッキリと出ていて、食べ比べも楽しい。

多めに作ったカレーが一瞬でなくなり、カレー談義にも花が咲く。
参加者の皆様の笑顔が印象的で、終始大盛況のうちに料理教室は幕を閉じた。


皆さまをお見送りし、後片付けしながらボンヤリ考えていたことがある。

<span class="fz-14px"><span class="fz-12px">直行直帰の</span></span>店主
直行直帰の店主

自分でカレー教室は出来んな…

調理説明の途中、マツトシさんが「👨何か補足はありますか?」
と気を遣って話を振ってくれるのだが、

マジでない(笑)

あらためて私がテキトーに作っているかを実感したのだった。
人に教えられるようなスキルも特に無い。

むしろ6人ぐらいの規模なら、プライペートなパーティーの出張シェフをやってみたい。
誰かオファーしてくんねぇかな(ドキドキ)

美味しく作るのは実は簡単

水野仁輔氏も言われていることだが、
スパイスカレーを美味しく作るのは実はカンタンだ。

今の時代少し調べれば大抵のレシピは載っているし、
それらをキッチリ守りさえすれば美味しいカレーは確実に出来る。
今回の教室を通じて参加者の方々もなんとなくそう感じたのではなかろうか。

しかし難しいのはそこからだ。
美味しくカレーを作れるようになると、
決まって次の課題にブチ当たる。

どのような味を目指すか。

狙ったところに味を落とし込むことはとても難しい。
膨大な経験と実践が必要で、私自身もまだまだ道の途中。

最近休みがちなので、気温の上昇と共に徐々にペースを上げて行かねば…。


今日はこのへんで。
ではまた!


インド料理ランキング
↑応援お願いします!


この記事を書いた人
直行直帰の店主

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
スパイシーライフ
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました