福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

【インド料理と魚】子供も大好きフィッシュカレー

子供も食べたいスパイスカレー

どーも直行直帰の店主です。

私のプロフィールです。
適宜ご参照ください。

チェンナイティファンナンバルワン:Rayars Mess

ティファン(Tiffin)とはインド英語で朝食、間食の意味。
定番メニューはイドゥリ(豆と米粉の蒸しパン)、ポンガル(米と豆のおかゆ)、ドーサ(豆と米の発酵生地をクレープ状に焼いたもの)、ワダ(豆のペーストにスパパイスを混ぜて揚げたスナック)といったところだろうか。
このように書き出して見ると、インド人が豆をよく食べることが分かる。
肉に代わるタンパク質の摂取源とされている。

Rayars Messはチェンナイにおけるティファンの名店で、
知らなかったら100%スルーする路地裏での店構えにも関わらず連日大人気。
酷暑で食欲は失せがちだが、その名声に心は躍る。

この路地裏感。

朝8時過ぎでも店内は賑わっている。
日本じゃたいていの飲食店は開いてない時間だが、
インドでは人気のティファン店には早朝でも多くの地元民が集まる。
朝食に重きを置く国民性を感じた。

ここではイドゥリ、ポンガル、ワダをいただく。

ラトナカフェもそうだったがティファン屋のサンバルはなぜこんなにうまいのか。
明らかにミールスのそれとは作りが違う。
(主観で恐縮だが、ミールスよりティファンのサンバルの方がサラッとしていてスープに近い。)
チャトニもドロっとしたタイプとシャバシャバしたタイプの2種類があり、食べ比べも面白い。
イドゥリ、サンバルをおかわりし、朝食から腹パン。

厨房を見せて欲しいと頼んだら快諾してくれた。

めっちゃカメラ目線な店主。
ワダを揚げる鍋もクソでかい。

食後は店の外であま~いマドラスコーヒーをいただいてシメ。
ゲフッ。朝からよく食べた。

私が徘徊していたチェンナイのトリプルケーンというエリアでは、
観光客らしき人はほぼどころか全く見かけない。
日本人が珍しいのか、「どこから来たのか?」と聞かれることが多かった。
インド人になりきろうとヒゲをたくさんこしらえて渡印したが、彼らの目はごまかせない。
ネパール、中国、日本が彼らの考える薄い顔つきの代表格らしい。

日本人には必ず小林さんのインスタを見せて「これ俺!」とアピールするマノージ君

この旅で初のノンベジ:Nair mess

昼食はNair Messへ。
この旅初のノンベジ(肉あり)

Nair Messの店内は広く、清潔。

おそらく高級店の部類ながら店舗周辺は施しを求める人々もいたりと、
まさにカオスってやつ。

店内に通されるとミールスかビリヤニかを聞かれる。
ここではミールスを選択。
(そういえば店のビリヤニは食べなかったなぁ。)

ミールスの構成は、メインのマトンカレー(左上)にピックル、ポリヤル、ダール、以上。
この品数の少なさは意外だった。

日本のミールスの文脈では、サンバルがあり、ラッサムがあり、パパドがあり...
とカトリに多種多様なカレーが並ぶほどそれらしい感じになるが、
(“それ”も日本人が作り出した虚像に過ぎないのかもしれないが、、、)
インドのノンベジ店ではベジ店と比較してミールスの品数は総じて少ない印象がある。

Nair Messもそれらの例に漏れないが、物足りなさは全くない。
むしろメインのマトン一撃で確実に満足させる点において、渋さが光っている。
よく煮込まれて柔らかいマトンの滋味深さが五臓六腑に染み渡った。

よく見たら右のおじさんはカメラ目線。インド人は被写体になることを嫌がらない。

少しずつ体調が悪くなり始める、、、

帰り道、路上でクリケットに興じる子どもたち。

日中は30度台後半の猛暑に晒されるも、宿泊先のホテルにエアコンがない地獄に早くもギブアップ寸前だったのがこの頃。
食欲もなく、この日は夕食を取らず早めに休んだ。

仕事疲れを癒やしたい目的もあったので、無理して食べる気もなかったが、
振り返って考えるともったいなかったようにも思える。
しかしこのときお腹の調子も下り坂でそれどころではなかった...。

どうなるインド旅。

今回の旅の参考書籍はこちら↓
訪問した店は99%小林さんの書籍から。
これをcheckしておけば南インドで飲食店のハズレはない。

今日はこのへんで。
ピース。


今日は久しぶりに子供に食べさせたいインド料理シリーズ。
娘(1才8ヶ月)の食べっぷりも良かったので作り方をサラッとご紹介。



テキトーに作った割にはなかなかの完成度だったので、
お子さんの偏食に悩む世のお母さん達の希望の光になるかも?

ズバリ今日はフィッシュカレー🐟です!

インド料理と魚

Embed from Getty Images

※画像は東インドのコルカタで人気のイリッシュという魚

インドのカレーといえばチキン🐔、菜食主義者も多いので魚とカレーというのは一般的にあまり連想されないが、実はインド料理における魚のレパートリーは幅広い。

おかずとしてフィッシュフライにすることもあれば、フィッシュビリヤニもある。
その流れで行けば当然フィッシュカレーもある。

特にインド南部は海に面した州が多いこともあり、魚料理のレパートリーも多い。

しかし今日ご紹介するのはどちらかと言えばインド北部っぽい作り方。
なぜかというと家にココナッツミルクを切らしてたから。

南インドのフィッシュカレーにはココナッツミルクが高頻度で登場する。
それもすごく美味しいのでまた別の機会にご紹介したい。

作り方

あまり時間もなくレシピを練ってもいないので、本気バージョンはまた別の機会にご紹介します。

材料

材料
  • マリネ用
    • お好きな魚(白身魚推奨) 3〜4切れ
    • 塩 1つまみ程度
    • ターメリック 小さじ1/3
    • コリアンダー 小さじ1
    • パプリカ(チリの代用) 小さじ1
    • レモン果汁 小さじ1
    • 小麦粉 大さじ1
  • たまねぎ 半分
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • トマト 100グラム程度
  • 塩 小さじ1
  • タマリンド 10グラム程度(お湯100ml程度でペーストに)
  • カスリメティ 適量(あれば)
  • パウダースパイス
    • ターメリック 小さじ1/3
    • コリアンダー 小さじ2
    • クミン 小さじ1
    • パプリカ 小さじ1


魚はどちらかといえば白身魚を推奨する。

青魚でも美味しいけど風味が全面に出てスパイスをゴリゴリ使わないと抑えられない可能性がある。

その点白身魚は青魚に比べると風味のクセがないのでカレーにするにはコチラがオススメ。
今回は鯛の切り身を使った。

工程

① マリネ用の材料を混ぜ合わせて、一時間程度置いておく

ちょっと小麦粉が多すぎたけど全く問題なかった。

② マリネした魚を高温の油で両面が色づくまで揚げる

あとからグレイビー(カレーソース)と一緒に煮込むので中までじっくり火を通す必要はない。
色づいたら別皿にうつす。

油はこんなに多くなくてもいい。
表面を覆う程度の量を敷いて、両面を焼けばOK

③ たまねぎ、にんにく、しょうがをミキサーにかける

④ 鍋に油(大さじ1)をしき、③を炒める。色づくまで強火で炒める。

これぐらい色づけばOK

⑤ ④にトマトペースをを加える。水分が飛ぶまで強火で炒める。

今回はミニトマトが余っていたのでミキサーでペーストにしたものを加えた。

⑥ パウダースパイスと塩を加えて弱火で炒める

⑦ タマリンドをお湯で溶かし、ペーストにしたものを⑥に加える

これがタマリンドを溶かした状態。
もっと水が多くても良い。
どうせ後の工程で加水するので。

⑧ ②のフィッシュフライを加えて、好みのトロミになるまで少しずつ水(分量外)を加えて20分煮込む。カスリメティを盛り付けて完成

完成&実食

カスリメティは色合いを華やかにする意味合いもあるけど独特の苦味がアクセントになるのでお手元にあれば是非使いたい。

娘の食べっぷりも見事なもんだった。

最近はスプーンを使って自ら口に運ぶようになった。
過去最高レベルで食べっぷりが良い。

👨父ちゃんは嬉しいぞ!

今回は子供仕様で辛味成分を抜いたが、大人仕様はこれにチリパウダーを小さじ1/3程度と、ブラックペッパーを少々加えるといい感じになりますので是非。

今日はこんなもんで。
ではまた!



インド料理ランキング
↑応援お願いします!

この記事を書いた人

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
子供も食べたいスパイスカレー
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました