福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

【みわCurry】女性的で食べ飽きない魅惑のカレー

調理全般

どーも直行直帰の店主です。

私のプロフィールです。
適宜ご参照ください。


今日は店舗訪問シリーズ

博多区美野島にある「みわcurry」をご紹介。

店の外観

みわCurry

店舗情報
  • みわCurry
  • 〒812-0017 福岡県福岡市博多区美野島3丁目12−11


場所はJR博多駅と竹下駅のちょうど中間ほどに位置している。

美野島と言えば博多区の中でも昭和の面影残る地域で、
特に美野島商店街などは若者より年配者の方が多く歩いている印象。

みわCurry周辺も年季の入った昔ながらの住宅やビルが多く、開店から1年して「福岡の下町カレー屋」のイメージが根付いてきたのではなかろうか。

遅ればせながらの初訪問

店内の様子

店主の美和さんとはもともと南区のマサラキッチンで下積み後、住吉で間借り営業をされている頃からインスタグラム上では交流があった。

私が作る稚拙な料理にも何かとコメントを下さり、

<span class="fz-14px"><span class="fz-12px">直行直帰の</span></span>店主
直行直帰の店主

出店の際には必ず行きますね〜(^^)

なんて軽々しく口にしたのは良いものの、

<span class="fz-14px"><span class="fz-12px">直行直帰の</span></span>店主
直行直帰の店主

オープンしてすぐは忙しいだろうから、落ち着いてから行こう

などと悠長に構えていたら気付けば出店から一年が経過していたのだった…。
時が過ぎ去るのは何と早いものか。そりゃあ目に見えてオッサンにもなるわ。

一人営業でもお客さんを待たせないスキル


私は一人でお店に行くときは極力カウンターに座るようにしている。
その方が店主の動きがよく見えるし、みわCurryのような一人営業のお店だと特にオペレーションなど参考になることが多い。


まず気づいたのは清掃と整理整頓の行き届いたキッチン。
清潔な状態に保たれていて、調理器具の配置も整頓されている。

一人営業は誰も手伝ってくれる人がいない分、オペレーションでミスるとお客さんを長時間待たせてしまう。
実際にそういう店はあるし、直行直帰もご多分に漏れずこれに該当する。
これは一人営業である異常しょうがないことだと思っていた。

しかし、美和さんの動きをよく観察していると動きに全く無駄がない。
ササササーっと俊敏に動き、皿の提供に無駄な時間をかけない。
平日のオープン直後に訪店したがすでにお客が3名。
10分と待たすことなくササッと提供されていた。

間借り営業時代から計算すると数年かけて体得したスキル。

私にもそんなスキルがあればあんなことやこんなことが出来るのにと思わず羨ましくなった…。

経験上、デスクが資料まみれで汚い人間は大した仕事が出来ていない。
サラリーマンもカレー屋も同じということなんやろう。

肝心のお味は?

定番のチキンカレープレートにタンドリーチキンをトッピング。
チキンカレーのグレイビーとダルのコントラストがなんとも美しいバランス。

カレーやインド料理に限らず料理は作り手の思いや性格がモロに出るが、みわCurryはとても女性的

全国的に見てもカレー屋の店主は男性が圧倒的に多い中で、女性店主のカレーを食べたのは初めてだが、今までなかった感覚があった。

個人的に尖ったインド料理を志向&嗜好してきたので、それらとは逆ベクトルのお味にほっこり安心。
正直味や香りの強いインド料理はいくら美味しくても毎日は食べられないが、みわCurryは毎日でも食べ飽きない味。

美味しい店に行くと決まってそうなんだが気づいたらペロッと食べていて、
美和さんに「👩量足りましたか?」と心配されるぐらいだった。

インド料理を作るようになってから日本式のカレーはあまり食べなくなったが、本来インド料理とカレーは全く別物であるということをあらためて認識し、「毎日でも食べられる料理とは何だろう」と考えるキッカケになる、そんな一皿だった。

終わりに

今回は博多区美野島の「みわCurry」をご紹介した。
こんな人には特にオススメ。

みわCurryhaこんな方にオススメ!
  • とにかくカレーが好きな方
  • カレーが好きだけど辛いのが苦手な方

完全に余談だが店内のBGMがPete rockのような90年代を思わせるHIPHOPだったのにはテンションが上がった。

あれは美和さんの趣味だろうか…。

今度お会いしたとき聞いてみよう。

他にも行ってみて欲しい店があったらレポートしますんで気軽に連絡ください。

今日はこのへんで。
ではまた!


インド料理ランキング
↑応援お願いします!

この記事を書いた人
直行直帰の店主

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
調理全般
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました