福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

【後篇】鳥飼八幡宮カレーフェスに向けて

スパイシーライフ

どーも直行直帰の店主です。

私のプロフィールです。
適宜ご参照ください。

チェンナイティファンナンバルワン:Rayars Mess

ティファン(Tiffin)とはインド英語で朝食、間食の意味。
定番メニューはイドゥリ(豆と米粉の蒸しパン)、ポンガル(米と豆のおかゆ)、ドーサ(豆と米の発酵生地をクレープ状に焼いたもの)、ワダ(豆のペーストにスパパイスを混ぜて揚げたスナック)といったところだろうか。
このように書き出して見ると、インド人が豆をよく食べることが分かる。
肉に代わるタンパク質の摂取源とされている。

Rayars Messはチェンナイにおけるティファンの名店で、
知らなかったら100%スルーする路地裏での店構えにも関わらず連日大人気。
酷暑で食欲は失せがちだが、その名声に心は躍る。

この路地裏感。

朝8時過ぎでも店内は賑わっている。
日本じゃたいていの飲食店は開いてない時間だが、
インドでは人気のティファン店には早朝でも多くの地元民が集まる。
朝食に重きを置く国民性を感じた。

ここではイドゥリ、ポンガル、ワダをいただく。

ラトナカフェもそうだったがティファン屋のサンバルはなぜこんなにうまいのか。
明らかにミールスのそれとは作りが違う。
(主観で恐縮だが、ミールスよりティファンのサンバルの方がサラッとしていてスープに近い。)
チャトニもドロっとしたタイプとシャバシャバしたタイプの2種類があり、食べ比べも面白い。
イドゥリ、サンバルをおかわりし、朝食から腹パン。

厨房を見せて欲しいと頼んだら快諾してくれた。

めっちゃカメラ目線な店主。
ワダを揚げる鍋もクソでかい。

食後は店の外であま~いマドラスコーヒーをいただいてシメ。
ゲフッ。朝からよく食べた。

私が徘徊していたチェンナイのトリプルケーンというエリアでは、
観光客らしき人はほぼどころか全く見かけない。
日本人が珍しいのか、「どこから来たのか?」と聞かれることが多かった。
インド人になりきろうとヒゲをたくさんこしらえて渡印したが、彼らの目はごまかせない。
ネパール、中国、日本が彼らの考える薄い顔つきの代表格らしい。

日本人には必ず小林さんのインスタを見せて「これ俺!」とアピールするマノージ君

この旅で初のノンベジ:Nair mess

昼食はNair Messへ。
この旅初のノンベジ(肉あり)

Nair Messの店内は広く、清潔。

おそらく高級店の部類ながら店舗周辺は施しを求める人々もいたりと、
まさにカオスってやつ。

店内に通されるとミールスかビリヤニかを聞かれる。
ここではミールスを選択。
(そういえば店のビリヤニは食べなかったなぁ。)

ミールスの構成は、メインのマトンカレー(左上)にピックル、ポリヤル、ダール、以上。
この品数の少なさは意外だった。

日本のミールスの文脈では、サンバルがあり、ラッサムがあり、パパドがあり...
とカトリに多種多様なカレーが並ぶほどそれらしい感じになるが、
(“それ”も日本人が作り出した虚像に過ぎないのかもしれないが、、、)
インドのノンベジ店ではベジ店と比較してミールスの品数は総じて少ない印象がある。

Nair Messもそれらの例に漏れないが、物足りなさは全くない。
むしろメインのマトン一撃で確実に満足させる点において、渋さが光っている。
よく煮込まれて柔らかいマトンの滋味深さが五臓六腑に染み渡った。

よく見たら右のおじさんはカメラ目線。インド人は被写体になることを嫌がらない。

少しずつ体調が悪くなり始める、、、

帰り道、路上でクリケットに興じる子どもたち。

日中は30度台後半の猛暑に晒されるも、宿泊先のホテルにエアコンがない地獄に早くもギブアップ寸前だったのがこの頃。
食欲もなく、この日は夕食を取らず早めに休んだ。

仕事疲れを癒やしたい目的もあったので、無理して食べる気もなかったが、
振り返って考えるともったいなかったようにも思える。
しかしこのときお腹の調子も下り坂でそれどころではなかった...。

どうなるインド旅。

今回の旅の参考書籍はこちら↓
訪問した店は99%小林さんの書籍から。
これをcheckしておけば南インドで飲食店のハズレはない。

今日はこのへんで。
ピース。


前回の記事からの続きです。

イベント出店が決定したワナッカム✕直行直帰。
各々で試作したカレーを持ち寄って、合わせてみることに。

実はプロに自分のカレーを食べてもらうのは初めてだった…

試食会の日が決まってからというもの、
実はすごーく緊張していた。

なにせ本業の方に自分のカレーを食べてもらうのが初めてだったから。
作り手側から意見を聞くこともあまりないので、
美味しくない😅なんてなった日にゃあコラボそのものが破綻しかねん。

勘の良い方はすでにお気付きの通り、
ワナッカムの砥綿さんは私のカレーを実際に食べる前に
「コラボOK👍」と言ってくださった
のだ。

なんと懐の深い方(泣)

直行直帰の西インドのカレーを軸にコラボカレーを選定

白い器の右側がマトンチェティナード、カトリの左からサンバル、ベジクートゥ、カーラコランプ、その右側の揚げ物がワダ、マサラワダ、ボンダ

試食会の当日砥綿さんが用意してくださったカレーは4種類

① マトンチェティナード(ノンベジ)

砥綿さんが推すタミル・ナードゥ州の料理。
チェティナード料理と言えば使用するスパイスの量がとにかく多いのが特徴。
南インド料理のレシピ本を見てもスパイスは基本が小さじでの計量なのに対し、
チェティナード料理だけは大さじが基本になっている。

食べる前から香り華やかだけど、口に含んでみるとさらにスパイスの香りがブワッと広がる。
香りの濃厚さという面でチェティナード料理はインドで一番。

スパイスを大量に使ったからといって必ずしも香りの強さが増すというようなことはないが、
砥綿さんのマトンチェティナードは濃厚な香りでありながら全体がまとまっていて、
食べにくさも、マトン特有の臭みもない。

特にインド料理好きには必ず食べていただきたい。

サンバル(ノンベジ①)

この日は試食用に3種のベジ料理を出していただいた。
1つ目はワナッカムの通常営業でもお馴染みのサンバル。

当ブログでも何度も登場しているザ・南インドというべき料理。

南インド版味噌汁というだけあって、
砥綿さんのサンバルはワナッカムの味そのもののように思える。

筆者はワナッカムに来てこれを食べる度に安心感すら感じる。
やっぱこれだね!という感覚。

カーラコランプ(ノンベジ②)

遡ればワナッカム実店舗オープン前から提供していた料理らしい。(下記リンク参照)

砥綿さんが昔イベントで提供していたカーラコランプ

カーラというのはスパイシーという意味らしく、辛味と酸味がキリッと引き立ったベジ料理だった。
筆者のレパートリーの場合、ベジ料理は豆を使うものがほとんどだけど、
このレシピは豆を使っていないらしい。
それでもこんなに食べごたえがあるのだから、インドの菜食主義者の智慧には毎度驚かされる。

カーラコランプ単体としてはもちろん凄く美味しいけど、
コラボカレーとして見たときには酸味がやや強すぎるか…。

ベジクートゥ(ノンベジ③)

クートゥは豆と野菜を煮込んだ南インドベジを代表する料理で、その種類は様々。
今回はヒンドゥー教でのカースト最高峰、バラモンの間で食べられるハレの日仕様のクートゥをいただく。(相変わらず写真は取り忘れた。)
さつまいもなど秋の野菜を使ったクートゥで、旬を感じられるカレーだった。

前述のカーラコランプと比較すると穏やかな味わいで、ポークヴィンダルーと合わせると考えたとき、こちらの方が確実に相性は良さそうだ。

ということでワナッカムのベジ料理はベジタブルクートゥに決定

イベント当日のメニュー構成

試食会を経て選ばれたメニューは上記の通り。

今回はワナッカムのメニューのみの紹介になったが、
直行直帰のメニューについても少し触れておく。

カティミティダール

別名グジャラティダルと言われる、グジャラート州を代表するベジ料理。
カティ(Khatti)は甘い、ミティ(Meethi)は酸っぱいという意味で、
甘みと酸味が同居する不思議な味を是非味わっていただきたい。

本場のグジャラート料理は好き嫌いが分かれるほど激しく甘いらしいが、
直行直帰仕様はほんのり甘さを感じるように仕上げてある。
九州ではおそらくこのイベントでしか食べられないと思われる。
この機会に是非。

まさかの3店舗ポークヴィンダルーかぶり

驚く豚のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

前回の記事でも書いたとおり、他店との食材かぶりを防ぐために豚肉を選んだ結果、
直行直帰を含む3店舗がポークヴィンダルーを提供するという事実が発覚

これにはマジで焦った。

2店舗ならまだしも3店舗かぶるとは。
考えることは皆同じなのかもしれん。
ポークヴィンダルーは知名度もあるし。

3店舗もかぶっているので逆に食べ比べてみるのも面白そうだ。
むしろ私がそうしたい。
(他人が作ったポークヴィンダルーを食べたことがない)

イベント当日をお楽しみに

一つ言い忘れたが、イベントではこれらのカレーにワダ(ワナッカム)とグジャラート仕様の人参のアチャール(直行直帰)が付いてくるというなんとも贅沢なプレートを提供する。

今日から仕込みも佳境に入り、あとは当日たくさんの方にお会いできることを楽しみにしている。

それでは皆様イベントで会いましょう!


ではまた!



インド料理ランキング
↑応援お願いします!

この記事を書いた人

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
スパイシーライフ
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました