福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

インド式キーマカレーのレシピ

キーマカレーインドカレー
キーマカレー(北インド式)

どーも直行直帰の店主です。

北インド的キーマ・アルー (keema aloo)

北インド料理の王道のようなキーマカレー
Cook Time45 mins
コース:Main Course
料理:Indian
キーワード:Islam cuisine, キーマカレー
Servings:4

Ingredients

  • 400 g 挽き肉 合い挽き(牛、豚、鶏)
  • 150 g たまねぎ(半分)
  • 100 g トマト
  • 150 g じゃがいも 5cm角に切る
  • 1 大さじ ヨーグルト
  • 1 小さじ
  • 4 大さじ
  • 200 ml
  • 適量 パクチー

★ホールスパイス

  • 1 小さじ クミン
  • 10 ブラックペッパー
  • 2 ドライチリ
  • 5 カルダモン
  • 5 クローブ
  • 3 cm シナモン(カシア)

★パウダースパイス①

  • ½ 小さじ ターメリック
  • 2 小さじ コリアンダー
  • ¼ 小さじ チリ

★パウダースパイス②

  • 1 小さじ ガラムマサラ
  • 2 小さじ パプリカ カシミールチリパウダーの代用

Instructions

  • 鍋に油を熱し、ホールスパイスを炒め弱火で炒める
    カルダモンの色が抜けてプクッと膨らむぐらいが目安
  • たまねぎを強火で炒める
    焼き付けるように、あまり動かさない
  • たまねぎが透明になってきたら、にんにくとしょうがを加える
  • たまねぎは写真のようになるまで炒める
    油の量が多いので揚げるに近くなる
  • 挽き肉を投入し、ヨーグルトを加える
    たまねぎと同様、強火で焼き付けるように炒めること
  • パウダースパイス①を加える
    弱火で炒める
  • じゃがいもとパウダースパイスを炒める
    中火で3〜4分炒める(じゃがいもが入る分火は強め)
  • トマト150gを加える
    水分を飛ばすように炒める
  • 水を加えて沸いたら弱火で10分
    皿に盛り付けてパクチーを上から適量かける

完成

手前味噌ですが、オイルが挽き肉からキレイに分離しててなかなかイカしたフォルムです。

最近うまく焼けるようになってきたロティと一緒にいただきました。

娘(1才9ヶ月)もロティにがっつきます。

ほんとに何でもよく食べる。
親からしたら嬉しい限りです。

調理のポイント

今回はなかなか上手くできたので調理しながら感じた調理のポイントと思われる部分を書き残しておきます。

マトンコルマ調理のポイント
  • タマネギ、挽き肉は強火であまり動かさず焼き付けるように
    • ちょっとぐらいの焦げは気にせずガンガン行きましょう
    • 挽き肉の旨味を最大限活かすためにメイラード反応を多用する
    • メイラード反応とは?
      • 糖とアミノ酸が反応して、茶色く色づき、香ばしさや旨みを生成する反応のこと
  • 煮込み時間は短め
    • じゃがいもは一口大に切って火が通ればOK
    • 煮込み時間を短めにすることで肉に旨味を残す


大きくこの2点でしょうか。
水野仁輔さんもいつも言われている美味しさの秘訣、メイラード反応を多用し、煮込み時間は短めにスパイスの香りとじゃがいもの食感を大切にといったところです。

キーマカレーのように肉の旨味が美味しさを手助けしてくれて、
美味しく作ることが比較的容易なものこそ凡庸から抜け出すのは難しいもんです。

一つ一つの工程を丁寧にこなして作り上げれば必ず美味しくなります(^^)


今日はこのへんで。

ではまた!


インド料理ランキング
↑応援お願いします!

この記事を書いた人
直行直帰の店主

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
インドカレー レシピ集
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました