福岡の神出鬼没な間借りカレー店「直行直帰」の店主が
退屈な日々に少しの気付きと香り高い刺激をお届け🌶

信じよう!スパイスのチカラを!吐き気が治ったスパイスティーとプラセボ効果について考える

インドの食

どーも直行直帰の店主です。
今日は取り留めのない話になりそうです。

自分なりに出した結論はありますが、明確な答えなどない。
そんなテーマです。

キッカケは妻の吐き気

吐き気のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

先週の出来事です。
妻が外出直前に吐き気を催しトイレにこもってしまいました。

ちょうどアーユルヴェーダの医食同源のお話や、薬を調合するようにスパイスを配合して体調不良を治すインドのお婆ちゃんのことを勉強していたときだったので、吐き気を催している妻にスパイスティーを作って飲ませたんです。

参考にしたレシピはこちら。

茶葉もミルクも入っていません。
味付けは砂糖のみ。

飲みにくいかなと思っていましたが、案外そんなこともなくその後腹痛はピタッと治まったそうです。

ここで一つの疑問が…

吐き気を治めたのは本当にスパイスの力か?

スパイスの効能

いくら古代から続くアーユルヴェーダの知恵とは言え、一回吐き気が治っただけで「はいそうですか」と信じられるほど素直じゃありません。
(というか私はめちゃめちゃアマノジャクです。)
ここで今回妻の腹痛を治したスパイスティーに入っていたスパイスの効能をもう一度確認しておきます。

しょうが

brown ginger lot
  • カラダを温め、胃の働きを助ける
  • 殺菌作用
  • 消化機能改善
  • 鎮痛作用 など

個人の感覚を申し上げれば、しょうがは体調が悪いときに摂取すると効きそうなもの第一位です。
博多華丸がしょうがたっぷりの肉肉うどんを「体調が悪ければ悪いほどうまい」と発言したことは記憶に新しいと思います。

クローブ

クローブ, スパイス, ピンク, 食品, 成分, 芳香族, 風味, 乾燥, ハーブの, ハーブ, 調味料
  • カラダを温める
  • 鎮痛
  • 嘔吐・下痢 など

嘔吐にも効くみたいですね。
妻の吐き気を治めたのはクローブなのでしょうか。

クミン

クミン, 白クミン, ハーブ, アーユルヴェーダ, 薬効があるハーブ, 健康
  • 抗菌作用
  • 抗腫瘍作用
  • 糖尿病抑制 など

出典はコチラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スパイス百科 起源から効能、利用法まで [ 丁宗鐵 ]
価格:6380円(税込、送料無料) (2021/3/27時点)


クミンを入れたらカレーっぽくなるんじゃなかろうかと思いましたが全然そんなことなかったです。
とびきり美味しいお茶ではなかったですが、いかにもカラダに良さそうな飲みやすいお茶でした。

吐き気が治まったのはプラセボ効果では?

薬を飲んで落ち着いた人のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

いわゆる偽薬効果のことです。

お腹が痛くて薬を飲んだら痛みが治まった。
しかし飲んだのは頭痛薬だった…とかそういう話です。

しかもこのプラセボ効果、偽薬だと分かっていても効果があるそう。

私の妻の場合、スパイスが身体に良いと信じているから腹痛が治ったのではないかと思うのです。
うーむ、しかし吐き気を治めたのがプラセボ効果なのかスパイスの力なのか特定しようがありません。

インド亜大陸の健康寿命

高齢者 健康 イラスト」の画像検索結果 | 健康 イラスト, イラスト, 高齢者

考え方の角度を変えてみます。
腹痛を治したのが本当にスパイスのチカラだとしたら、日常的に多種多様なスパイスを摂取しているインド亜大陸(インド、ネパール、パキスタン、ついでにスリランカも含む)の人々の健康状態はめちゃめちゃ良好で、健康寿命(元気で暮らせる年齢の上限)も当然長いハズ。
調べてみました。

すると意外な結果が出ました。下から数えたほうが早い…

健康寿命順位
日本75才2位
スリランカ65才72位
世界平均61才
ネパール59才130位
インド57才138位
パキスタン56才144位
出典:世界の中の日本を知る世界ランキング

スリランカ以外は余裕で平均以下という結果に…。
60になる前に健康寿命を迎えていては日本じゃ下手すりゃ退職金を貰う前に働けないってことになりかねません。

このランキングを見てスパイスの健康効果を疑うわけではありませんが、少なくともスパイスを日常的に摂取したからと言って無条件に健康が長く続くわけではなさそうです。

そもそも医療体制や社会保険制度も日本とは全く違うので単純比較は出来ませんし、あくまで参考程度に留めておきます。

今日のまとめ(無理やり)

最初に申した通り取り留めのない話になってしまいました。
一旦ここまでの内容を整理してみます。

ここまでの内容
  • スパイスティーを飲んだら妻の吐き気が治まった
  • スパイスの効果かプラセボ効果(偽薬効果)か断定出来ない
  • スパイスの効能は学術的に実証されており信頼性は高い
  • 日常的にスパイスを摂取しているインド亜大陸民の健康寿命は日本よりも低い
    • スリランカ以外は全て60才以下

このことから私が導き出した結論は以下のとおりです。

今日の結論

スパイスの効能を信じつつプラセボ効果も期待すればよろしい!

本当はいつも結論を最初に述べるようにしているのですが、あまりにもしょうもない結論にたどり着いたんで今日は最後に持ってきました。

<span class="fz-14px"><span class="fz-12px">直行直帰の</span></span>店主
直行直帰の店主

言ったでしょ?
取り留めのない話になると笑

スパイスの効果かプラセボ効果か分からないのであればそれ以上考えることは無意味です。

というかスパイスの効果を信じた上でプラセボ効果があったのだとすれば、それはもうスパイスのチカラということで良いのではないでしょうか?(ダメ?笑)

スパイスは体に良い!

こう信じることで少しでも健康に寄与する効果が増すのなら、私は盲目的にスパイスのチカラを信じます。

<span class="fz-14px"><span class="fz-12px">直行直帰の</span></span>店主
直行直帰の店主

信じましょう!
スパイスのチカラを!

ついでにプラセボ効果も


インド料理ランキング
↑応援お願いします!

 

ではまたっ!

この記事を書いた人
直行直帰の店主

福岡の神出鬼没完全不定期間借りカレー店「直行直帰」の店主
かつてカップラーメンを料理と呼んでいた男が綴る日々のカレー・インド料理研究の記録、間借り出店情報、インドにまつわることを吐き出します。
実態はイエスマンになれない社会不適合なサラリーマン。

直行直帰の店主をフォローする
インドの食
スポンサーリンク
直行直帰の店主をフォローする
直行直帰.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました